滅菌ルームリニューアル

クラスB滅菌器は感染予防が進んでいるヨーロッパでは導入が当たり前(80%ほどの導入率とも言われています)になっていますが、日本での導入率は少ない(2~5%程度との報告があります)のが現状です。

あしたばデンタルクリニックでは、滅菌ルームをリニューアルし、
小型高圧蒸気滅菌器 クラスB オートクレーブ Lisa
を導入し医科の水準の滅菌をクリアしたクラスBの滅菌を実現しています。

また、ミーレ ジェットウォッシャーPG8581
の導入により、落ちにくいタンパク質の汚れもしっかり洗浄できる高水準消毒を実現しています。

 

詳細はコチラ