CAD/CAM システム(歯科医院用)を導入しましたセラミック、ジルコニア、ハイブリッドレジンなどの様々なミリング材料に対応

CADとはコンピューターによる設計支援、CAMはコンピューターによる製造支援という意味で、計測装置、設計装置、加工装置の3つから構成されています。

歯科技術におけるCAD/CAMとは、口腔内に装着するクラウンやインレーなどの補綴物をCADやCAMのシステムを用いて設計、作製する技術を指します。従来ほとんど全てを手作業で行ってきた工程にCADやCAMを作組み込むことによって作業の効率化が図られるだけでなく、仕上がり具合のばらつきを防ぎ、さらには今まで利用できなかった素材も使えるようになるなど、技術革新が目覚しい分野です。

当院では、CAD/CAMを道具のひとつとして自在に扱える専任の歯科技工士がCADを活用し、皆様の歯科技工物を提供しております。

稼働時間の効率化

プランメカ FIT では、医院内の非生産的な手順を省くことにより、作業の最大効率化を図ることが可能となります。プランメカ Romexis ソフトウェアライセンスを使用することにより、複数の利用者が様々な作業フェーズ(スキャン、デザイン、加工)をそれぞれ同時に実行することが可能です。この機能によってクリニックは短時間でより多くの患者さんの治療を行うことが可能となり、リソースを最大限に活用することができます。

円滑な口腔内スキャニング

Planmeca口腔内スキャナーは優れたスキャン速度と精度を提供します。使い勝手に優れ、デジタル印象を高精度かつ鮮明な画像で採得することができます。またスキャナーは円滑なデータのインポートとエクスポートのため、複数のオープンファイルフォーマットに対応します。
Planmeca ミリングユニットは歯科医院で直接、効率的に歯科修復物を作製することが可能です。ユニットは、ツールチェンジャー機能および材料特性に最適化された加工用パスを生成するスマートツールパス機能を備えています。

自動ツール交換機能

自動的に摩耗または破損したバーを交換するツールチェンジャー機能が備わっています。スマートツールパス機能により個々のブロックやディスクの材料特性に最適化された加工が行われます。また最適な材料の厚みが自動算定されるため、Planmeca デンタルミルを使って作製される修復物は耐久性に優れています。

多様な用途

Planmeca デンタルミルは、セラミック、ジルコニア、ハイブリッドレジンなどの様々なミリング材料に対応します。こうした柔軟性により、医師は患者様に可能な限り最良の治療プランを提案できます。クラウン、インレー、アンレー、ベニアなど最大3ユニットのブリッジの作製に使用できます。 

高精度、高速スキャン

カラー・スキャンと精度がミクロン単位で統合されており、デジタル印象の採得に理想的です。スキャンが完了したデータはPlanmeca RomexisR ソフトウェアに保存され、瞬時に利用できます。