予防歯科について悪くなった歯を治すから一歩進んだ治療

予防歯科-あしたばデンタルクリニック公式サイト

予防歯科について

「歯医者さんは、歯が痛くなったら行くところ」
多くの方はそのように考えていました。
日本の保険診療が「悪くなった歯を治す」ことに適用されているため、歯が痛くならないと歯医者には行かない方が多くなったのかもしれません。しかし、歯が痛くなってからでは、遅すぎることは多く、症状が出にくい病状の場合など、歯を失ってしまうケースもあります(重度の歯周病など)。

予防歯科とは、むし歯や歯周病などの病気にならないように、フッ素塗布で、歯の質を高める予防を行ったり、歯石除去や、日常のブラッシングで取りきれない、バイオフィルムを排除し病気を防ぎます。歯が病気の場合は、進行に応じた処置を行い、健康レベルに戻すための行為を含めて処置します。例えば、むし歯になった歯でも、ごく初期の虫歯の段階であれば、歯の再石灰化を促す治療を行い経過観察を行います。

「治療から予防へ」
歯を末永く大切にするために、はじめてませんか。

予防歯科は患者さまのお口の健康状態を長く維持するための診療です。当院は患者さまお一人お一人に向き合った予防をご提案いたします。まずは、お気軽にご相談ください。