ヨーロッパで最も厳しい基準をクリアしたクラスB規格の滅菌器を備える専用滅菌ルーム

滅菌~ 増殖する性質を持つあらゆる微生物(細菌類)を完全に殺滅または除去することです。

滅菌は形状に合せて3つの滅菌サイクルがあり、「クラスB」「クラスS」「クラスN」に分類されています。 クラスB滅菌器は感染予防が進んでいるヨーロッパでは導入が当たり前になっていますが、日本での導入率は少ないのが現状です。 当院で使用している滅菌器は、歯科医院で使用される小型滅菌器のなかでも、もっとも厳しいとされるヨーロッパ基準のクラスBの滅菌レベルを採用しています。

ミーレ ジェットウォッシャー

ミーレジェットウォッシャーは国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器で歯科用器具を確実に洗浄・消毒します。

小型高圧蒸気滅菌器 クラスB オートクレーブ

血液や体液と接触する可能性のある材料や器具には様々な形状のものがあり、それぞれの形状に適した滅菌サイクルで滅菌する必要があります。
当院の滅菌システムは、医科の水準の滅菌をクリアしたクラスBの滅菌を実現しています。