歯形とるのが苦手な方に朗報です。

歯形を、とるのが苦手なかたに朗報です。患者さんにはメリットしかありません。
最新の口腔内3DスキャナーiTeroを旭川で初導入しました。
この機械は口のなかを直接コンピュータに取り込むことができる、世界で最新鋭の3Dスキャニング装置です。

これにより、いままでシリコンで歯形をとり矯正用マウスピースを作っていたのですが、シリコンの匂いや、固まるまでの待ち時間を気にすることなく、より正確な歯形を、とることができます。
歯形のデータは直接ネットで送るので、いままでの半分の時間で治療計画の3Dシュミレーションを作ることが出来るようになりました。
歯の型どりを、する時代からカメラで撮影する時代へ


このように、歯形をスキャンした直後に大まかな治療後の状態の予測を見ることが出来、それを患者さんのメールに送ることも出来るので家に帰って家族と相談もしやすくなりました。

関連記事

  1. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-172

    インプラント学会で座長を務める増木理事長

  2. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-137

    森克栄先生の院内勉強会

  3. 東京で矯正の勉強会参加

    矯正の勉強会[東京]

  4. 旭川ハーフマラソン大会

  5. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-61

    インプラントの基本の実習【王子】

  6. マウスピース矯正無料相談会