歯周病と糖尿病の関係

 歯周病と糖尿病の関係については最近よく言われてますよね。歯周病の治療をして歯茎の炎症を抑えることによって糖尿病の状態がある程度良くなることがわかっています。

 分かりやすく言いますと、メタボの人は脂肪細胞の微小な炎症により血糖値が上がります。同じように歯茎の微小な炎症が血糖値を上げるのです。逆に言えば痩せたり歯茎の炎症を抑える歯周病の治療すると血糖値が下がるのです。 

 歯医者で歯周病の治療をする意味は糖尿病だけではなく心臓の病気や腎臓の病気、血管への影響、妊婦への影響など挙げればまだありますが、歯ブラシの指導や歯石を取ることの意味はとても深いのです。このことをきちんと伝えていない歯医者の方にも問題があるかもしれませんね。
 
 
 
 

関連記事

  1. インプラントの試験の後に2

    インプラントの試験を終え笹川記念館へ

  2. 福岡での学会-あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ

    福岡での学会に参加

  3. 就寝前のプラスひと手間で効果的な虫歯予防しませんか?

  4. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-2

    予防歯科の講習会に参加

  5. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-6

    包括歯科臨床学会で発表

  6. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-177

    筒井塾 咬合療法研究会 開催

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。