救急救命!


3月17日 日曜日 大阪なんば トレーニングラボ にて開催された一次救命の講習会に参加しました。

理事長の増木と共に勉強しましまた。

もし、あなたの大切な家族や友人、たまたま居合わせた人が突然倒れた時、どのように対応したらいいでしょうか?。まして、私たちは麻酔を使用して日常的に治療を行っているので、救急の状況に遭遇する確率が高いのです。
しかし、AHA(アメリカ心臓協会)のガイドラインも数年ごとにバージョンアップしていますので、医療従事者として、数年ごとに講習会に参加する必要性があると考えています。

CPR(心肺蘇生法)の重要性は、1970年代から認識されるようになり、今では自動車や自動二輪車の運転免許コースでも必須手技となっています。
CPRには、一般の方でも行えるBLS(1次救命処置)と、救急救命士や医師によるACLS(2次救命処置)があります。

「心肺停止から1分以内にAED(自動体外式除細動器)による電気ショックおよびBLSが施行された場合の社会復帰率は、100%に近いといわれています。タレントの松村邦洋さんがマラソン中に倒れ、AEDと心臓マッサージ(胸骨圧迫)で救命された有名な話があります。

救命処置は、全ての人が習得する必要があると考えます。不安な場合には、一度講習を受けることをおすすめします。地域の消防署などが無料で講習会を実施していることが多いので、お近くの保健所や消防署に問い合わせてみてください」

BLS(1次救命処置)
Basic Life Supportの略で、誰でも(AED以外の)特別な器具がなくてもできる心肺蘇生法のことです。

関連記事

  1. 国際特別大会[東大]2

    増木先生 国際特別講演会で講演[東大]

  2. あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ-58

    雨分でヒルクライムアタック

  3. 噛み合わせの勉強会に東京へ

  4. 今年もお世話になりました-あしたばデンタルクリニック公式サイトのブログ

    今年もお世話になりました。

  5. 雪だるまin旭川1

    雪だるま[旭川]

  6. 歯形とるのが苦手な方に朗報です。