お口の健康とコロナ 重症化予防

 

長いコロナの影響による自粛が続き大変な思いをされていることと思います。
毎年自分にとって義務としている士別マラソンは今年は中止、旭川ハーフマラソンも開催されるか微妙なところです。普段運動不足の私にとってマラソンは苦しいけどゴールがあり「あと何キロ!」と心で叫びながら走っています。でもゴールがわからないと多分途中で挫折してしまうかもと考えます。
 この自粛はゴールが見えないのでなかなか持続するのが大変だなと感じています。

 コロナ前からお口の健康と体の健康は深い関係があることはなんとなく聞いたことはあるかと思います。例えば歯周病で動脈硬化(これは心筋梗塞や脳梗塞のきっかけになります)が促進したり、お口の細菌が関節炎や腎炎をおこしたり、原因がはっきりしない皮膚炎の、骨粗しょう症の方は歯周病の進行が加速したり、妊娠トラブル、誤嚥性肺炎など上げればたくさんあります。

 普段からお口のケアーをしておくことが大切なのですが、コロナによる肺炎に続く細菌性肺炎を予防し重症化を防ぐためにも歯周病の治療が大切であることがわかってきました。まずは毎日の歯磨きと規則正しい食事を心がけましょう。

関連記事

  1. 定期健診の重要性

  2. 福岡での日本口腔インプラント学会 総会に参加してきました。

  3. 新潟でのインプラント学会に参加

  4. 歯間ブラシと薬用ジェルの併用ついて

  5. スタッフオススメ歯ブラシ

  6. 歯科医院でのコロナ感染について 3つのポイント