歯内療法とは

歯内療法とは、う蝕、外傷などの硬組織疾患、硬組織疾患が進行して起こる歯髄症患、
および根尖歯周組織の疾患に対する予防、治療のことをいいます。
臨床領域において、歯を保存する(天然歯を維持、守る)ための最も基本的な療法です。

歯内療法の主な疾患

1.象牙質知覚過敏症
2.歯髄炎
3.根尖性歯周炎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。